飛行機の中でもカゴを編む

おととい、一週間あまりの出張から帰ってきました。

毎回、仕事の関係で出張に行く先はほぼ決まっていて、飛行機を乗り継いで13時間以上。東京から東へ飛びます。

海外、どこへ行ってもあまり違和感を感じることなく、比較的どこでもOKなのですが、時差ボケの調整だけが苦手です。よく西に飛ぶより、東に飛ぶ方が、時差ボケがひどい、と聞きますが、私にはその通りに思えます。

と、いうことで今までも時差ボケ防止に様々なことを試しました。飛行機に乗ったら、夕食後に一杯飲んでちょっと寝て、あとはずっと起きている、現地に着いたらどんなに眠くても夜11時までは起きている、安眠に効くといわれているアロマオイルをホテルのお風呂にいれてみる、日光をできるだけ浴びる・・・、などなど。

で、今回初めて試したのは「退屈な飛行機で無用に寝ないように、カゴを編んでみる」。

現地で行う会議の資料は現地でしかもらえない、となれば、どんなに時間があっても、仕事の準備をするわけにはいかないので、それをよいことにして^^

周りの電気が消えて、隣の人たちが寝静まった頃、個人ライトをつけておもむろに「携帯ツル」をとりだし、思うままに小さいものを編み続けました。

時にはCAさんも「あら~、かわいいですねぇ!」とか言いながら覗き込んできたりして。まぁ、変な人だと思っても、こう言う以外ないですよね(笑)
e0151091_2121185.jpg

暗かったけれど、けっこう集中できました。これがよかったのか、今回は時差ボケもそれほどひどくなく。

なんだか、クセになりそう♪
by nicecuppatea | 2013-03-11 21:23 | Willow Cottage | Comments(0)
<< 明日は休日! ようやっと >>