最近、編み込んでます

気が付けば,もう何週間もアップもせず。。。日々の仕事や何やら、わぁー、っと流されてあっというまに日が進んでいる気がします。

狭山の里山近くに引っ越してきて2か月ほど。まだまだ周りの地理には明るくないですが、ひとつわかったのは、家から徒歩の距離にたくさんの里山が保全されている地域だということ。

もともと、都心の家から「都落ち(?)」するときには、家のそばに「公園」ではなく「雑木林」があるところに住みたかったのだ、と思い出しました。改めて、「公園」じゃない緑地は「ツル天国だなぁ」と実感。

昔はツルをたくさんとってくると、乾く前にほとんどを編上げてしまおう(そのほうが片づけが楽だし^^)、と思って集中的に編んだものですが、今では毎週末、ちょっと探してみるとあとからあとからツルが見つかり、うれしい悲鳴?!おかげで「ぜんぶ編んで片づけよう」なんて思うと、土曜日も日曜日もほぼ編んでいるようなことになってしまいます。

こちらは、週末に編んだバスケットのひとつ。知り合いの方から頂いたオーダーで作った玉ねぎなどの根菜入れです。
e0151091_21361330.jpg

芯の部分にはまだ緑色のヒメツヅラフジと黒っぽいアケビの細づるを利用して、底の大部分に、冬の河原であつめたカワヤナギのカーキ色の枝を使いました。

冬に切ったヤナギの枝は乾燥してもこの色を保ち、時が経につれ、深い飴色に変わっていきます。アースカラーの根菜は、きっとヤナギのバスケットのベストマッチでしょう。

お部屋でしっくりなじんでいますように。
by nicecuppatea | 2013-02-25 21:37 | Willow Cottage | Comments(2)
Commented by 幸運な男 at 2013-03-01 01:29 x
こんにちは。夏に大変お世話になった学生です。
このバスケット凄いですね。最初はツルに彩色したのかと思いました。素敵な私生活を送られていますね。僕も就活と私生活楽しみます!!

Commented by nicecuppatea at 2013-03-01 22:58
幸運な男 さん!

良いハンドルネームですね~。いや、本当に幸運なんだと思いますよ!自分が「そう思う」ことが一番!

前は気が付きませんでしたが、改めて里山を眺めてみると、およそすべての階層のグリーンや、ブラウン、赤や黄色、紫が存在していることがわかります。

少しだけ里山からもらってくるだけで、森の一部が部屋にやってきたような気分になるもんです。

仕事でカリカリした後のツルいじりには癒し効果もあるようです。就活も、気分転換、上手にしながら、頑張ってくださいね。幸運をお祈りしています!

あ、幸運な男、だから大丈夫か(笑)
<< ようやっと 松ぼっくりのバスケット >>