片づけ下手の言い訳

まだ、引っ越し後の部屋の片づけが、ダラダラと続いています。人と比べると、本当にこういうのに時間がかかります。。。

世間では「断捨離」、「片づけの極意」などということがよく言われる今日この頃。私はそういうのがめっぽう苦手で。生活の中で、過去の良いものも、悪いものも、時間が経っても引き連れて行こうとしてしまいがちな性質で^^;

でも、ふと考えます。

何か「モノ」を手放すことがイヤなのか、というとそんな気もしないのですよね。使い切っていない、と感じるものを、無駄にしてしまうということに強い気持ちが働くだけで。

イギリスに住んでいた頃、かの地を自分にとってとても住み易いと感じた理由のひとつが、自分の使っているものに関して、「捨てる」という選択肢をとらなくても、大抵のモノが誰かの手に流れていくこと、そして自分も「新しいもの」ではなく、そういうナガレモノを安く買ったり、タダで調達して自分の生活空間を自由に作ることが、あらゆる場面でごく自然にできるようなシステムがあった、ということがあります。

ダンナの理解もあり、我が家は日本標準でみると、かなり中古や古材で手作りしたボロ家具が多くて、引っ越しの時はあちこちで机の脚がとれたりして、引っ越し屋さん泣かせ^^;;

中古品や手作りのものを使うということは、あらゆる面で手間がかかります。デザインや使い方、直し方を試行錯誤しながら考えるプロセスが必要だからです。

長いプロセスをかけるより、迅速に片付くように、新品の家具を買ってしまった方がずっと簡単で便利かも。でも、引っ越しを繰り返し、はからずも居住空間づくりについて、何度も考える機会ができた私は、どうもそれがしっくりこないなぁと感じることがよくありました。

考えてみるとこういう傾向は、なにも引っ越しの準備や後始末に限られたことではないと、最近気が付きました。仕事であれ、趣味であれ、どんな場面でも、捨てられようとするものや、有効に使われていないものが、うまく生かされて何かの役に立つ、ということに、一番の気持ち良さを感じているらしいのです。

可燃ごみみたいな枝や根っこでバスケットを作ることも、
耕作放棄地を借りて、生ごみを埋めながら野菜を作ることも、
そのままでいたら言葉の壁を越えずに、理解されない誰かの言葉を通訳して伝えることも、

どうも、根っこは自分の中では繋がっているような。

ん~、仕事の件は、こじつけ気味かな。

今日も、ゴミ袋いっぱいのツル採取が完了~♪
これが、モノの形になっていくのを自分で眺めて、一人ニヤニヤするのでした。。。

まあ、ツル採りに行かずに片づけすれば、もっと早く終わる、ということには、気づいているんですけどね。
e0151091_183172.jpg

by nicecuppatea | 2013-01-27 18:12 | もったいない | Comments(0)
<< 「もったいない」カレー 楽市楽座に参加しました >>