引っ越し完了~

とにかく、前に住んでいた家を完全に引き払い、新しい家に人も、毛たちも、モノも、植物も、すべて移動…するところまでは完了しました。ただ、家の中はまだ、散乱した荷物で、まっすぐあるけない状況が続いています。

ここ1カ月、マラソン、引っ越しと、我が家としては大きな出来事が続きました。その間に、たまたまダンナが触っていて見つけたピーチの「いぼ」が肥満細胞腫という、あまり怖くなさそうな名前の、でも皮膚癌の一種であることがわかり、急ぎ獣医さんで手術をしてもらったり。

そのような合間に、かれこれ12月になって2回もマルシェにも参加しています。

バタバタするわけだ。

引っ越し1週間後のおととい土曜日は、1週間前まで住んでいたエリアで行われた「クリスマス・マルシェ」に参加。引っ越しで家中の荷物を段ボールに詰めても、ツルと木の皮だけは手元から離さず、かれこれ一週間、ひたすら通勤途中の電車の中で、クリスマス・オーナメント用の小物を編み続けました。

で、土曜日には、こんな感じに地味~にディスプレイ^^
e0151091_22171955.jpg

今回、このトナカイを「20匹ください!」とオーダーして下さった方がいらっしゃいました。「20匹も何に?」と伺うと、ボランティア活動の一環で福島の子供たちに贈るクリスマスのプレゼントを用意されていて、そこにこの「トナカイ」をくっつけて贈りたい・・・とのこと。「きっと喜んでくれると思います!」と。

「!!」という感じでした。

トナカイは、今年の夏、近くの公園で、台風の後に折れたのスギの枝を拾って、その樹皮を剥ぎ、それを細く切って編んだもの。そこに川原で見つけたノイバラの赤い実を「鼻」としてくっつけています。言ってしまえば「全て拾ったもの」。ちまちまと木の皮やら実を集めてつくったちっちゃいトナカイが、20人もの福島の子供さんたちのプレゼントと一緒に、喜んでもらえるものになるとは!

震災が起きた後、とりたてて役に立つボランティアをしたわけでもない自分が、こんな形で作った小さなものを届けてもらえて、もしそれが少しでも喜んでもらえるのなら…自分ひとりでは想像すらできなかった、トナカイたちの「行き先」です。

「とにかく、全部差し上げるので、ぜひ使って下さい!」という感じでした。

マルシェが終わっても、やんわりと嬉しい感じが、ずっと頭にありました。あのトナカイたちが福島の子供たちに連れて帰ってもらえるんだ~、と。

私の小物をこんな風に生かしてもらえる機会を、自分では全く想像のつかないかたちで頂けたことに、感謝。でも、本当は、あげるだけじゃなくてこんな工作を、「こうやると、楽しいよ」と、子供たちと一緒にできたらもっと楽しいのかな・・・とか、新たにいろんな事を考えだしたりして。

・・・と、引っ越しの荷物も片付いていないのに、家に帰って来てからもぼーっと、考え続けていたのでした。(だから荷物を運びながら、足の甲に机の角を落っことして痛い思いしたりしてるんだって。)

まだまだ、一人ニヤニヤと考えていると、新しいアイデアがでてきそうです^^
by nicecuppatea | 2012-12-17 22:32 | 暮らしのアイデア | Comments(2)
Commented by LOM at 2012-12-20 17:52 x
引越し、お疲れ様です。
トナカイのお話、なんか、いいお話ですね。
私も欲しかったのですよ。2つ、3つ程
作り方、ああやって、こうやって作るんですよ。など教えていただきたいですよ。
Commented by nicecuppatea at 2012-12-22 21:26
LOMさん、ありがとうございます。お返事が遅れてすみませんでした。

引っ越し後の我が家は、まだ調味料も全て出しきれていない感じです。グリーントマトも一緒に引っ越してきましたが、だんだん赤くなってきてしまいました^^;しわにもならず長持ちする事に驚いています。
トナカイ、五本みつあみの変形です。L字型に2回角を作ると胴、首、頭になります。うーん、説明するとややこしいですね(笑)これから、カゴなり、小物なり、もうすこし「人にもわかりやすく説明できる」ように、考えていこうかなと思っています。
<< クリスマスと言えば 最後の収穫 >>