マルシェの歓び

かねてからの予定どおり、本日は狭山楽市楽座のクラフト市に参加。

ここのところ、本当にバスケットを編んで、マルシェに出店…にかける労力や時間が多くなったなあと思います。

つい最近まで、たくさん材料が手に入った時や、何か人にプレゼントをするときに編むくらいだったバスケット。編むのは好きだったけれど、出来上がったのを見て、「今回は良い出来♪」「これはちょっと…」などと思うだけで、かごは家中にたまっていったものでした。

それが、ひょんなことで、お向かいのお菓子屋さんの軒先を借りて、無人販売を開始したこと、縁があり知人の育てているブルーベリーの収穫を手伝い、マルシェで販売しだしたこと、この二つがきっかけとなって、バスケットもマルシェで売るようになって数カ月。

最初は「自分のつくったバスケットをお金をだして買ってくれる人なんているのか?」という億病さで、無人販売にしたのに、今では「いかがですか~?」と通りがかりの人に自分で声を掛けるまでに^^

前にも書きましたが、「趣味で作るだけ」だったバスケットが、色々な人の手に渡り、その人が「これはこうして使うわ」と教えてくれることで、「誰かが何かの役に立ててくれている」ということがわかるようになりました。自分の為に作っていたものが、人の為に作ろう、というふうに変わってきた気がします。

前回のマルシェで、天然酵母のパンを焼く方が、私がつくったちょっと大きめのアケビのカゴを買ってくださいました。それがとてもうれしかったけれど、今回、もっとうれしかったのは、その方が今回は、秋色をした「さつまいものパン」をそのバスケットに詰めて販売してくれていたこと。

カゴ、息を吹き込まれました~♪
e0151091_2141032.jpg


自分ひとりでは決してできなかったことが実現したことに、感謝!
by nicecuppatea | 2012-11-03 21:07 | Willow Cottage | Comments(2)
Commented by LOM at 2012-11-05 00:28 x
先日は、ありがとうございました。
ほうきぐさ、少しずつ色がかわり、変化を楽しんでいます。
器も料理のうちって言われますけど、入れる物によって、パンが一段とおいしく見えます。商品を作って、売れる喜び、又買う喜びみたいなものが伝わってきます。
今、クラフトフェアーみたいなものに出展しようかな、どうしようかなと思いながら、額縁とか、まな板など、つくっています。
Commented by nicecuppatea at 2012-11-05 20:13
LOMさん、ありがとうございます。
木工をやってらっしゃるのですね?木とかツルとか、自然の物を生活の中に、フツーに採りいれられたら、居心地がいいなと思います。
私も最初にクラフト市に、と言われた時は、かなり及び腰でした。でも、「一人の世界」だったものが、さまざまな方と知り合い、つながる事で、想像だにしなかったほど、早く、広く、広がっていく・・・のがクラフト市を通じた出会いの結果でした。ぜひ、出店されてはいかがでしょうか。
カゴ、使って頂けているようで、うれしいです。
<< 箒草のバスケット 明日、狭山楽市楽座に出店します >>