台風後のお楽しみ

もう二週間も前になりますが、台風でずいぶん雨風の強い日がありました。

不思議なもので、なぜか台風って夜のうちに暴風雨圏に入って大荒れになり、翌朝通勤の時間頃には台風一過の快晴!ってイメージがあるんですよね。

私が待ちわびていたのは、朝のさわやかな快晴!・・・ではなく、前夜の嵐で折れたり落ちたりした枝を近くの公園に採取に行く事でした^^

自分で伐採できる木のある山など持っていない私にとって、特にこの時期、「自然に折れた木の枝」を見つけるのは、宝物を見つけるようなもの。

木の枝は、その植物が活発に活動する、暑い季節の間のみ、樹液が木の幹と樹皮の間にたくさん含まれるので、樹皮が浮いて、つるりとはがすことができるのです。

だから、夏の嵐で、不可抗力で折れた枝は、私にとって樹皮を採取する貴重な機会!

朝、公園に行ってみると、狙い通り、直径15センチはある太いスギの枝が折れて地上に落ちているではないですか。折れた所は樹皮がめくれあがっています。これは「剥げる」サイン!(こういう時、いつも作業に夢中になって写真を撮り忘れるのですが)

ジョギングしたり、犬の散歩をしている通りがかりの人の視線を感じつつも、力づくで大きな木を持ち上げ、べリべりと皮を剥がします。

私の散歩につきあってくれたピーチは、あきれ顔で私にお尻を向け、座ったまま溜息つきながら、私の作業が終わるのを待ちます。

袋一杯とれた樹皮!
e0151091_21251741.jpg

これから時間と勝負で乾く前に表皮の鬼皮をとり、汚れを落として皮が縮む前に、内側を表にして輪っかにして乾かし、保存します。

実はその次の週末には夏に訪れた西伊豆の民宿へ再び宿泊し、裏山で大量のアケビなどのツルを採集。こちらもまだ泥が付いたまま。

ということで、今週のアフター6は忙しい~~♪

・・・ので、旅行後で金欠なのに、禁断の「特急利用」で帰宅。スローな生活を実現するのも効率化とお金が必要^^;
by nicecuppatea | 2012-10-11 21:25 | Willow Cottage | Comments(0)
<< あるツルとりの情景 桑の木の平皿 >>