新たな素材でバスケットを

私が初めてバスケット編みを習ったのは、イギリス南部で地元の環境保全ボランティア団体が主催する、森林保全の様々な技術のトレーニングコースのひとつでした。

「環境保全でバスケット編み?」と思われるかも知れません。

イギリス南部に広がるのは、人の生活と共に昔から存在してきた、いわゆる雑木林のような森です。それらは、人の手が入らなくなると荒廃してしまいます。 へーゼル、ホーソン、ウィロー、メープルなどの木の枝は、イス、家畜用のフェンス、ホウキ、バスケット、薪、と様々な形で利用されてきました。

中でもしなやかな枝を持つ、へーゼルやウィローは、フェンスやバスケットを編む素材として重宝されたため、定期的に伐採と萌芽を繰り返され、森の手入れに一役かっていました。それがために「バスケット編みも環境保全に関わる技術のひとつ」という理論が成り立つわけです^^

イギリスは日本よりかなり緯度が高く、植生は日本の野山とは随分違います。日本ではよく見られるアケビや葛などはみられず、バスケットづくりには主にウィロー(ヤナギ)が使われます。私が習ったのも、ウィローを使ったフレームバスケットでした。

素材としてのウィローの魅力は、なんといっても色にバラエティがあり、細くても太くても強くしなやかで、乾くと見事な光沢が残ること。南西部のサマーセットなどに行くと、バスケット編みの素材として、ウィローを栽培している「ヤナギ畑」が延々と広がっています。

一方、日本の川原でヤナギを探してみても、同じようなものはなかなか見当たりません。その代わり土手は葛の青々とした蔓で覆われていたりして。

葛も魅力的なバスケット編みの素材です。太く、やわらかく、ごつごつした特長を生かし、ざっくり、ラフに、大き目のものを編む、というのが主な使われ方です。確かに、太くてやわらかくて、あっという間に編めるので、野菜入れ、マガジンラックなど、大きくてラフな感じがあうバスケットにむいています。
e0151091_2104387.jpg


でも、そのほかにも使い方ってあるんじゃないかなぁ。

と、英語でKudzuと入力してバスケット編みの情報を探してみると、アメリカのサイトで、皮をはぎ、真っ白でつよい繊維をつかって、アパラチアの伝統的なバスケットを編む工夫などが見つかりました。早速実践!
e0151091_2111991.jpg


本来、葛はアメリカにあった植物ではなく、東洋から持ち込まれて広がった、いわゆる「外来植物」。それを刈り取って有効にバスケット編みにつかっているのだから、ここでもバスケット編みは環境保全に貢献しているかも^^
by nicecuppatea | 2012-04-11 21:02 | Willow Cottage | Comments(2)
Commented at 2012-05-01 23:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nicecuppatea at 2012-05-03 08:58
ヒサさん、
コメントありがとうございます~
そう、ワイルドが身上です^^不思議なもので、ワイルドなんですけど、不思議と雑誌でも、ジャガイモでも、けっこういろんなものに合うんですよね、そのへんの、素材のもつ懐の深さが魅力かな、と思います。
<< 菜花 アオツヅラフジのバスケット >>