アオツヅラフジのバスケット

最近、週末のランニングで、今までと違う、森のような公園を走るようになりました。アップダウンも豊富で、あたかも山の中のような雰囲気。県下有数の高校駅伝チームなども、バスを仕立てて練習にきているのが見られます。

一応、私もダンナも、そこをランニング。1時間かけてゆっくり10キロほど走った後は、車に待たせておいたピーチをつれてあと1周、2キロの散歩。

その際、私はハサミ片手に、アオツヅラフジの細いツルを探します。これが、細いけれどなかなか丈夫。巻きついている木を絞め殺すように食い込んでいるものもあります。こういう巻きヅルは、バスケットを編む時には、他にはないアクセントになるので、取っ手などに使います。

デザインのアイデアが湧いたらすぐにやりたくなるタチで、翌日からさっそく様々な「あき時間」を利用して、バスケット製作にかかりました。

会社のお昼休み、お風呂で湯船に浸かっている間、通勤電車を待っている間。もう完全に不審者ですが、そのへんはもう。

あまり実用的じゃないかもしれないけれど、ドライフラワーとか木の実をいれたら、合わないかな。

e0151091_20292646.jpg

by nicecuppatea | 2012-04-03 20:30 | Willow Cottage | Comments(0)
<< 新たな素材でバスケットを 樹皮の採集 >>