早起きは三文の得

田舎に越してから色々な理由で毎日早起きになってきました。遅くとも五時半、早ければ四時半前という新聞屋も凌ぐ早さ。

理由はいくつかありますがまず、寝室の窓にカーテンをつけてなく、四時を過ぎると部屋が明るくなること、私が目覚めなくてもピーチが先に目覚めて起こしにくること、通勤時間が長くなり必然的に早起きしないとならなくなったこと、そして、何より年取った、ってことかも。

昨日は三十五度という、みっしりとした毛皮を着たピーチには、日中の外出は無理な気候。
ということで、休みの日というのに、五時前に散歩にでかけました。この時間、すでに「今日は真夏の暑さになる」と確信がもてるような、明るく、一つも雲のない薄青色の高い空。

五時前というのに公園にはかなりの数のジョガーやウォーカーが。

不思議なもので、朝の公園は人がたくさんいてもとても静かです。みんなまわりの道を黙々と走ったり歩いたりしてるからでしょう。真ん中の広場まで行くと、人は誰もいなくて、今まさに広場の真ん中まで朝日が届いたところでした。
e0151091_216288.jpg

この瞬間、「早起きは三文の得」って、体得した感じです(^^

朝露に濡れながらの散歩だと、ピーチも笑ってるし。

ピーチは先日、無事八歳の誕生日を迎えました。乳ガンの手術後、歩くことをまったく拒絶していた1月頃のことを考えれば、朝こんな景色を見ながら一緒にまた散歩出来ること自体が夢のようです。

誕生日には、サツマイモケーキ(と呼べるかどうか…)を焼いてお祝い。
e0151091_2165496.jpg

これからも一緒に早朝散歩、しようねピーチ。

しっかしこの公園には散歩、ランニング、旦那の「日焼け」の付き合いと、1日三回も来た…地域施設、とことん利用してるなあ。
by nicecuppatea | 2010-07-20 21:04 | 暮らしのアイデア | Comments(0)
<< 自給自足への道 ささやかですが夏野菜最盛期 >>