夏のエネルギーを体に取り込もう…

ずいぶんご無沙汰してしまいました。最近なんだか仕事に追い立てられるような日常で(^^;寝るためだけのために家に帰っている感じ。余裕がありません、イヤなパターンです。

とは言っても、やりかけの仕事を残しても会社から帰れないし、締めが決まっていたら夜遅くまでやるしかないし。

昔は夏休みっていえば、やはり他のどんな四季の休みより、解放感がある特別なものだった気がします。夏の湿った大気、セミの声、蚊取り線香の匂い、そんなものが独特の空気を作り出してそれがそのまま思い出になっています。

中でも、私にとってなぜかミンミンゼミの声っていうのは強力な夏のシンボル。この音がしているのに「夏休み」モードでない自分はとっても寂しい状態にいる気がします。

山梨の畑も雑草に埋もれているとはいえ、この夏の日照りでスイカやモロヘイヤなどの野菜は堰を切ったように育ち始めています。焼けるような日照りの下ではじけそうな甘い水分を硬い殻の中に閉じ込めて大きく膨張するように育つスイカの実。水気の全くない乾いた畑で青々とした葉をものすごい勢いで伸ばすモロヘイヤの葉。

せめて。時に萎えそうになる都会の8月に、生命力を一杯蓄えたスイカや夏野菜をどんどん体に取り入れよう。
e0151091_2262236.jpg

e0151091_229870.jpg

寝るだけのために帰ってもそうめんに茹でて叩いたモロヘイヤ、きゅうりやナスのみじん切りの塩もみ、すりごまに青紫蘇のみじん切りをまぜて、体に流し込みます。
せめて週末までに、先週採ってきた野菜が全て体に取り込めるように。
by nicecuppatea | 2009-08-20 22:10 | 暮らしのアイデア | Comments(2)
Commented by 元Southseaの住人 at 2009-09-04 15:39 x
ご無沙汰してます。いつも楽しく読ませていただいてます。
なかなか更新されていないので相当おいそがしいんだろーなぁと思ってます。
今日は、わたしの姉の誕生日です。最近夏ばてで疲れた顔をしています。気が付いたら、とんだ年に(富んだ年?)なっていました。
山梨の豊かな自然の話、いいな~と思っています。
わたしも実家に行くと、きゅうりや、ナスやトマト(全部形はいびつ)が食べ放題ですが。(それしか出てこないといっても過言ではない。)
今私のいるところでは、毎日、高層ビルに囲まれて過ごしているので、なお更、畑が恋しいです。
いつか山梨の家に遊びに行きたいで~す!!

またお便りします。
Commented by nicecuppatea at 2009-09-14 10:34
元Southseaの住人さん、お立ち寄り頂きありがとうございます~♪そうなんですよ、スローな気持ちをもちつつ仕事するつもりが、最近あくせくしていてお恥ずかしい限り…。秋になって、畑もスローになってきたので、ふたたびゆっくり再開したいと思います。高層ビルに囲まれた生活も何かと大変でしょう・・・そのうちゆっくり畑に足をお運びください!
<< すでに秋の気配… 皇居で麦わらを編み… >>